会則

画像の説明


尾張旭を日本一にする会 会則

第1章 総 則
第1条 名称

1.本会は、「尾張旭を日本一にする会」と称する。

第2条 本会の目的

1.本会は尾張旭市の日本一を探し出し、見つけ出し、さらには日本一を作り出すことによって尾張旭市の活性化を図る事を目的とする。

第2章 組織
第3条 組織概略

1.本会は、以下の 会員、役員、部会、学会 によって構成する。

第4条 会員

1.会員は、一般会員(本会での通称名:わっしょい)、特別会員(本会での通称名:だんな衆)の2種とする。
2.会員 は世話役会の決定に基づいて本会の目的の達成の為に惜しみなく、かつ出来る範囲で協力をしなければならない。
3.会員は個人、法人、任意団体のどの資格でも参加できるものとする。
5.会員は、入会申込書の提出、またはホームページ上の入会申込に加え、会費の支払いを持って本会の 会員となる。
6.6ヶ月以上会費の納入の無い会員は会員資格を失う事がある。ただし会費の納入によってその年度の資格を回復できるものとする。

第5条 役員

1.役員は、会長、実行委員長(本会での通称名:いいだしっぺ)、実行委員(本会での通称名:世話役)監査役(本会での通称名:お目付け役)、顧問(本会での通称名:ご隠居)の5種とし、その定員は以下の通りとする。
・会長 :1名
・実行委員長(いいだしっぺ):1名
・実行委員(世話役) :数名
・監査役(お目付け役) :2名
・顧問(ご隠居) :若干名
2.会長は栄誉職とし、会長の助言によって世話役会が本会の運営にあたる。
3.実行委員長 は、「いいだしっぺの原則」により、最も積極的に動き、本会を運営しなければならない。
4.実行委員は、実行委員長 に協力し、積極的に本会の運営に当たらなければならない。
5.監査役は本会の業務、および会計が適正に運用されているか監査し、総会に報告しなければならない。
6.顧問は原則として役員を引退した会員が希望によって就任し、役員に対して助言する役務とする。
7.監査役 は、世話役会を監査する立場であり、これらを兼務することは出来ないが、その他の役員、会員はその他の役務を兼務することが出来る。

第6条 役員任命、任期および解任

1.役員の任期は3年とし、再任を妨げない。
2.役員は世話役会にて出席者の2/3以上の賛成でこれを推薦し、総会出席者の1/2以上の賛成によって任命される。
3.ただし初年度は準備会出席者の2/3以上の賛成でこれを推薦するものとする。
4.役員は世話役会全員の2/3以上の賛成でこれを解任する事が出来る。
5.年度途中の解任の場合、次回の総会にて出席者の半数以上の賛成を必要とし、半数以上の賛同が得られない場合解任は無効となる。
6.実行委員長、監査役が死亡等で欠員となった場合、世話役会の出席者全員の賛成をもってこれを任命する事が出来る。
7.ただしその任期は次の総会までとし、次の総会にて出席者の半数以上の賛成を必要とする。
8.その任期は、総会での任命以後3年とする。

第7条 世話役会

1.実行委員長と実行委員で世話役会(実行委員会に相当する)を構成し、本会の運営を行う。
2.世話役会は必要に応じてその下に井戸端会議を置き個々のプロジェクトを支援する。

第8条 部会

1.本会はそれぞれの日本一のテーマごとに下部組織として部会を置く。
2.部会は、日本一を認定された、もしくは挑戦する個人、団体等をもって これを構成する。
3.部会の組織、運営はそれぞれの部会の自主性にこれを任せ、その部会の代表が本会の会員であれば、その部会のメンバーは本会の会員でなくとも良い。

第9条 学会

1.本会はそれぞれのテーマごとに下部組織として学会を置く。
2.学会は、日本一に拘らずに尾張旭市活性化の為に各部会、または本会にまったく関係の無い尾張旭市内の団体、個人等を勝手に応援する。
3.学会の組織、運営はそれぞれの学会の自主性にこれを任せ、その学会の代表が本会の会員であれば、その部会のメンバーは本会の会員でなくとも良い。

第10条 カテゴリー会議

1.世話役会は必要に応じ部会と学会をカテゴリー分けし、カテゴリー会議を招集する。
2.カテゴリーは必要に応じて設定されるため部会、学会は複数のカテゴリーに属する事があり、またカテゴリーは必要が無くなれば自然消滅する。

第3章 運営
第11条 事業資金

1.本会は 会費と 一般からの寄付、および独自の事業収益によって運営される。
2.会費は以下の通りとする。
・一般会員 年間 1,000円
・特別会員 年間 5,000円以上
3.本会の役員は、その報酬を支給しない。
4.本会に事務局をおく場合、もしくは事務局を他に委託する場合、その職員もしくは委託先には相当の報酬、または委託金を支払うことが出来る。

第12条 会計

1.本会の会計年度は1月に始まり、12月31日に終わるものとする。
2.世話役会は本会の事業資金を適正に執行し、その報告をお目付け役の監査を受け総会に報告し、承認を受けなければならない。

第13条 総会

1.本会は年に1回、1月に通常総会を開催する。
2.総会は委任状を含め、本会の半数の参加を持って成立する。
3.通常総会は以下の項目を決議する。
・会則の改廃に関する事項
・事業報告及び収支決算に関する事項
・事業計画及び収支予算に関する事項
・役員の承認に関する事項
・その他、必要と認める事項
4.総会は挙手、投票もしくは拍手によって議決する。ただし拍手による議決に異議のある場合は挙手、投票等、他の方法によらなければならない。
5.賛否同数の場合は議長がこれを決する。
6.総会の議長は世話役会がこれを推薦し、出席者の賛同を得てこれを決める。
7.世話役会はその必要が生じたとき、世話役会出席者の全員の賛成を持って臨時総会を開催する。

第4章 例外事項と会則の改正
第14条 例外的事項
1.本会則に規定の無い事項に関しては世話役会において決議し、必要に応じて総会の承認を得ることとする。

第15条 会則の改正
1.本会則の改正は世話役会全員の 2/3以上の議決によって総会に提案し、総会出席者の半数以上の賛成を持って改正する。

付則
本会則は平成23年9月6日から実施する。

designed by N Design Studio, modified by QHM Temps

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional